最新の洗面台情報まとめ

洗面台に雑巾を置いておくと掃除が楽になります

洗面台に雑巾を置いておくと掃除が楽になります 洗面台は毎日家族が使用する場所であり、汚れやすく雑菌がわきやすいとも言えます。
洗面所はお風呂場に近く、通気性が湿気が溜まりやすいです。
そして洗顔や歯磨きをする場所であることで様々な菌の繁殖がしやくカビが生えることも少なくありません。
洗面所の掃除を毎日マメにすることができればよいですが、そうもいかない場合には水垢がついてしまい、それは普通の掃除では落ちにくくなります。
そこで良い方法としては、小さめの雑巾を洗面台に常に置いておくのです。
家族それぞれが洗面台を使用したらその場で飛び散った水を拭くようにします。
するとそのまま水垢が付くことが少なくなり、カビもわきにくくなります。
雑巾は清潔なものにします。
毎日交換すること、キッチンの布巾のような小さ目で邪魔にならないものがおすすめです。
このようなちょっとした心がけを家族一人一人が協力することで清潔な洗面台が維持でき、気持ちよく洗顔や歯磨きを行うことが出来るのです。

洗面台の掃除には新聞紙を使うのがおすすめです

洗面台の掃除には新聞紙を使うのがおすすめです 洗面台は私たちの生活に必要不可欠なものであり、特に女性の場合には何かと使用する機会が多くなりますので、常に美しい状態を保ちたいものです。
洗面台の掃除を手軽に行うためには、新聞紙を活用することをおすすめします。
特に洗面台に付属する鏡は汚れがひどくなるとその後の掃除が大変になりますので、手軽なお手入れを頻繁に行うことが効果的な対策となります。
新聞は特別なものではなく、読み終わった古新聞などを活用すればOKです。
水で濡らしてから、洗面台や鏡を拭きましょう。
この時には軽く丸めてクシャクシャの状態にして、軽く水分を含ませるようにしてください。
汚れが気になる箇所があれば力を込めて磨くことで、汚れをこすり落とすことができます。
作業が完了したら今度は乾いた状態の新聞紙を軽く丸めてクシャクシャの状態にして、全体を満遍なく乾拭きして仕上げてください。
乾拭きの工程をしっかりと行うことで、鏡の曇りを防止することができます。