毎晩吹きかけてふき取る

毎晩吹きかけてふき取る

毎晩吹きかけてふき取る 毎日必ず使う洗面台を簡単かつ綺麗に掃除しようと考えるのなら、予めクエン酸水を手作りしてボトルに入れておくのがおすすめです。
クエン酸水は自分で作れますので、まずはそれからやってみましょう。
そもそもクエン酸は弱酸性の粉末で、サツマイモのでんぷんを発酵させて精製したものです。
スーパーなどにクエン酸が売っていますから、それをスプレーボトルにいれて水を入れ、蓋をしてよく振れば完了です。
汚れを良く落としたいのであればお湯を使えば効果はアップします。
洗面台は水汚れが多いので、クエン酸水と歯ブラシ、タオルがあれば簡単に掃除が出来ます。
まずボトルスプレーで全体に振り掛けて少し待ち、細かいところは歯ブラシでこすり、あとは大きくタオルでふき取りましょう。
これだけでびっくりするほど光だします。
毎晩眠る前に吹きかけておき、身支度が済んだらふき取るようにすれば朝起きた時にはピカピカの洗面台が待っていてくれます。
歯ブラシは清掃用に一つおろしておくと便利です。

洗面台の掃除を自分でする時におすすめの方法

洗面台の掃除を自分でする時におすすめの方法 洗面台は毎日の身支度をする時に使用しますが、なかなかお手入れをする機会がなくて汚れが溜まっているというお宅も多いのではないでしょうか。
洗面台をご自分で掃除してみようと思った時におすすめなのは、まずは中性洗剤とスポンジといった素材に優しい道具を使ってお手入れすることです。
ひどく汚れている時に手っ取り早くキレイにしたいと思っても、使用する道具や洗剤によっては洗面台に傷をつけてしまう場合があるため道具選びは慎重に行いましょう。
例えば洗面ボウルの水垢がひどいと思っても、いきなりメラミンスポンジで強くこすると傷がついて残ってしまうこともあります。
後悔しないように初めは中性洗剤とスポンジなどで全体的にお手入れし、それでも取れないしつこい汚れにはそれぞれの性質に合った洗剤や道具を使って対処していくのが良いでしょう。
カビが残ったならカビ取り洗剤を使用するとか、しつこい水垢があるならクエン酸を溶かした液体をキッチンペーパーに染みこませたものをその上に置いてパックのようにしばらく放置し、汚れを浮かせてからスポンジでこすって落とすなどの方法を試すと、素材を傷めずに効果的に掃除が出来る場合があります。