洗面台を選べば掃除もラクラク

洗面台を選べば掃除もラクラク

洗面台を選べば掃除もラクラク 洗面台をリフォームしたり、新しく買い替えたりするときは掃除のしやすさもポイントになります。
化粧品や細かいグッズ類の収納とか、色々と便利なポケットや引き出し・棚などもありますが、凝ったデザインだったりすると、ほこりが溜まりやすくて困るというケースも少なくありません。幾らオシャレなデザインでもほこりが取れにくいと、さまざまな汚れも付着しやすくなってしまい、衛生的とは言えません。限られた狭いスペースで洗面用具や整容、歯磨きグッズや清掃用品など、いろいろ収納しなければならない物が多い場所です。
常にキレイにしておきたい洗面台ですが、実は洗面や髪の毛、歯磨き・歯ブラシ・たくさんのスキンケア用品や化粧品などで汚れやすい場所です。大量のストックを片づけるためのアイデア収納やポケットなども魅力ですが、洗面台選びでは掃除のしやすさというのも大きなポイントになります。自分の暮らし方と共に、清掃方法も含めてじっくり選ぶことが大切です。

簡単な掃除方法と交換時期

簡単な掃除方法と交換時期 洗面台のお掃除は、コンセント付きの場合はコンセントの中に水が入らないように注意しカルキ汚れや石鹸カスを綺麗に落とすことが大切です。
簡単な方法としては、クエン酸水を使用しナイロンタオルや歯ブラシで洗面ボウルに傷が入らないように優しく汚れを落とします。洗面台は陶器でできており経年劣化しにくく長持ちする特徴がありますが、ヒビなどの目に見える異変が見られる場合には、水漏れの原因になりますので交換することをおすすめします。
そして、交換時期については、使用年数が20年以上経っている場合もリフォームするとよいでしょう。それは、20年を過ぎると洗面ボウルに異常がなくても内部のパイプなどが劣化して腐食することで水漏れを引き起こす場合があるからです。また、栓をしても水がたまらないで抜けてしまったり、蛍光灯を新しくしても照明が点灯しない時は、洗面台の寿命が近づいているサインになりますのですみやかにリフォームを依頼しましょう。