最新の洗面台情報まとめ

洗面台の掃除はいきなりブラシなどで擦らない

洗面台の掃除はいきなりブラシなどで擦らない 洗面台の用途と言えば、文字通り顔を洗ったり、歯磨きをしたりということを想像すると思います。
しかし、自分の毎日の行動を思い返すと化粧をしたり、ちょっとした洗い物をしたりと結構いろいろなことに利用しているのではないでしょうか。
それが数ヵ月、数年と続くと少しずつ排水管内に異物が付着し汚れやつまりの原因となってしまいます。
洗面台が汚れてしまうとなかなか掃除をしたくないものですが、つまり修理業者を手配しなくてならなくなる前に、思い切って掃除をしましょう。
洗面台には、陶器やホーロー、樹脂などいろいろな材質が使われるようになりましたので、無理矢理タワシやブラシで擦ってしまうと材質によってはキズがつき、そこに汚れが浸みこんでしまうことになりかねません。
自分の家の洗面台をよく観察することも大切なのです。
また、専用の溶剤を配管内に流し入れてつまりを解消する商品もありますが、ビニール性のホースが使われており、使用できない場合もありますので排水管もよく確認しましょう。

洗面台を手軽にピカピカに掃除できるスポンジは

洗面台を手軽にピカピカに掃除できるスポンジは 毎日使う洗面台は清潔に保ちたいもの。
気軽に掃除するのに便利なのがメラミン樹脂を原料にした、メラミンスポンジです。
研磨作用があるので洗剤をつけなくても、たっぷり水を含ませてこすれば、しつこい水あかも落ちるので洗面台がピカピカに。
頑固な汚れは洗面台に重曹をふりかけてから、力を入れずに磨くと効果的です。
使い捨てなのであらかじめ使いやすいサイズにカットして、ストックしておくとさらに便利、汚れに気がついたら、さっと磨いて捨てるだけです。
洗面ボウルだけでなく、水あかで汚れた水栓もきれいに磨けます。
非常に便利なアイテムですが、研磨効果で汚れを削って落としているので、表面にツヤ出しなどのコーティングがほどこされている洗面台は、せっかくのコーティングも削ってしまうのです。
ゴシゴシこすって細かい傷がつくと、汚れも目立ち落ちにくくなってしまいます。
傷をつけたくないときには、やわらかいパットタイプのスポンジで掃除するのが良いでしょう。