最新の洗面台情報まとめ

洗面台の掃除の方法を知っておきましょう。

洗面台の掃除の方法を知っておきましょう。 洗面台は手洗いをしたり、歯磨きや洗面、髪の毛のブローをする場所なので、皮脂や水滴、水垢などで汚れやすい部分です。
朝起きた時に使用する場所なので、快適に使用するためにきちんと掃除をして、清潔を保っておく必要があります。
鏡は水滴や歯磨き剤などが付きやすい部分なので、使用した後は濡れたティッシュや柔らかい布で水滴を取り除いておきましょう。
汚れが気になっている時は、クエン酸スプレーをしておくと、汚れが浮き上がってきます。
クエン酸や酢はスーパーマーケットやドラッグストア、100円ショップなどで購入できるので、常備しておくと便利です。
洗面台の洗面ボウルは汚れが付く部分なので、クエン酸や重曹などを使ってお手入れをします。
柔らかい素材のスポンジを使って、丁寧に汚れを取り除いてから、乾拭きをしておくと良いでしょう。
洗面台の棚や排水溝なども汚れやすい部分なので、歯ブラシや柔らかい布などを使ってお手入れをして下さい。
水回りは使用頻度が高いので、汚れが付いてしまいますが、こまめにお手入れをするときれいな状態を維持できます。
鏡の汚れが強い時は、クエン酸スプレーをしてからティッシュを貼り付けて放置をすると良いでしょう。

洗面台の掃除には重曹を使うと落ちやすいです

洗面台の掃除には重曹を使うと落ちやすいです 洗面台は毎日使うせいか汚れやすい場所でもあります。
水垢や黒ずみ、手垢やカビなど様々な汚れなどが付きますが、水垢と黒ずみはクエン酸で、手垢やカビや重曹が最適です。
クエン酸は水200mlとクエン酸小さじ1杯を混ぜてスプレーにし、重曹も同じくスプレーなら水200mlと小さじ2杯、ペーストとして使うときは水と3:1の割合で混ぜます。
洗面台を掃除するときの基本は高い所から低いところへ行っていくのが基本で、最初は壁から綺麗にしていきます。
それから鏡、蛇口、最後に洗面ボウルを綺麗にします。
壁にスプレーをしてから布巾で軽く吹いていきます布巾に染みこませても良いです。
鏡はアルカリ性の水垢汚れなので酸性のクエン酸が有効で、曇りや汚れがない鏡になります。
洗面ボウルは水垢や黒ずみ、更にカビなどで汚れているため、それぞれに合わせて使っていきます。
この場合も落し方は殆ど同じでクエン酸スプレーを水垢と黒ずみにかけてラップを貼り付けて、しばらく放置します。
その後、乾いた布巾で水気を拭き取っていきます。
黒ずみやカビ、錆などは研磨作用がある重曹を使うと簡単にとることが出来ます。
ペーストを不要な歯ブラシなどを使い、気になる汚れがあるところを擦って水で流してから水気を取ります。

洗面台の情報サイト

洗面台